オルビスクリアのニキビ効果を徹底解説!

オルビスニキビナビ
オルビスクリアのニキビ効果

ニキビから血が出たら跡になりやすいかも?出血を未然に防ぐ方法

2017/10/19
血

ニキビにはさまざまな種類があります。今回は、ニキビから血が出てきた場合の改善方法や出血を未然に防ぐ方法ニキビ肌だった私が経験した中からご紹介したいと思います。

あくまでも独自の考えでニキビを治した方法も含まれていますので、参考程度に見ていただければと思います。

ニキビにはいろんな種類がある

ニキビの種類は様々あるのをご存知でしょうか?大きく分けると白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄色ニキビ・紫ニキビと5種類あります。

白ニキビの特徴

白ニキビはニキビ肌の表面が白くなっている初期のニキビとなります。

ホルモンが過剰に分泌することによって毛穴を詰まらせてしまい、アクネ菌となって毛穴に留まってしまうと白ニキビとなります。例えば雨がホルモンでダムが毛穴だった場合、大雨となるとダムにどんどん水が蓄積されて許容範囲を超えてきます。このようにニキビもホルモンが必要以上に分泌されて蓄積されていくとニキビを作ってしまうのです。

黒ニキビの特徴

黒ニキビは白ニキビよりも1ステップ症状が悪化しています。

毛穴に溜まった白ニキビが肌の表面に出てくると、酸化して表面が黒くなります。これが黒ニキビです。

白ニキビは表面に出ていない状態、黒ニキビは表面に顔を出して酸化した状態となります。黒ニキビの範囲が広いとさらに悪化する可能性も考えられます。

赤ニキビの特徴

赤ニキビは表面が赤くなってしまうニキビです。

この段階になると出血やニキビ跡になりやすいので、潰したり手でむやみに触ってはいけません。ニキビ跡になりたくないようなら潰さずに皮膚科に相談することをおすすめします。

今回の出血してしまうニキビの多くは赤ニキビ以上となります。

黄色ニキビの特徴

黄色ニキビは炎症がどんどん進んで行って膿んできた事を指します。黄色ニキビになると症状は酷い状況となるので、皮膚科での相談をおすすめします。

ニキビ跡になりやすいリスクも高いので潰したり爪で引っかいたりしてはいけません。

紫ニキビの特徴

紫ニキビはニキビの種類の中でもMAXの悪い状態です。

紫に見えるのは毛穴に血と膿が混ざって溜まっているのでそういう色に見えます。ここまで悪化してしまうとニキビ跡になるリスクは非常に高くなり、キズとなり残ってしまう可能性があります。

皮膚科に相談して塗り薬など処方してもらうことをおすすめします。

ニキビから血が出た場合の改善方法

ここではニキビ肌だった私が実際に行った、ニキビから血が出た場合の対処方法についてご紹介します。

この方法は個人的見解による独自方法なので参考程度に見ていただければと思います。

ニキビができると白ニキビで止まればいいのですが、進行して赤ニキビとなってしまう事もよくありました。赤ニキビとなると毛穴に血がある証拠なので、もしかするとニキビ跡になるかもしれないレベルとなっています。

赤ニキビの部分を手でつぶしたり爪で引っかいたりすると手の菌が付着して、さらに悪化してしまう場合があるので潰すような事は止めましょう。潰さずに自然に治まっていくことが一番の理想だと思っています。

しかし、ニキビを見てしまうとつい潰したくなってきます。

私も赤ニキビが出来た時は潰した方が目立たないって思って潰していました。しかし、その後悪化することも多かったです。

そんな時にニキビにおすすめの塗り薬を見つけました。

それはフルコートです。

フルコートは大手製薬会社販売されている皮膚炎やかぶれ用の塗り薬で昔からある薬です。Amazonなどでも販売されています。

特にニキビ用ということではないですが、赤ニキビまで進行すると皮膚炎やかぶれと同等と思っていたので、潰してしまった赤ニキビの部分に隠れる程度でフルコートを塗っていました。

すると2日ほど経過すると治まってくるのが分かりました。

フルコートにはステロイドが入っているので人によって効果は様々だと思いますが、皮膚炎用の塗り薬でも効果があるって思えました。

赤ニキビとなると血が溜まっていてニキビとは呼べないレベルだと思っているので、フルコートなどの塗り薬が有効なのかもしれません。

出血しないニキビを作らせない方法

赤ニキビは出血してしまうニキビということは分かっていただいたでしょうか?

そんな赤ニキビを作らせない方法があったら最高ですよね。

実際に私も赤ニキビや黄色ニキビに悩まされてきました。しかし、ある方法をしたことによって劇的に悪化しなくなったのです。

その方法とは、正しいスキンケアを行う事なんです。

スキンケアだけでよくなる訳がないって思っているかもしれませんが、実際に私は効果がありました。

 

赤ニキビや黄色ニキビがよく出来ていたころは、簡単に洗顔するだけで終わらせていました。正直面倒な性格なので雑に洗顔をしていた状況でした。

しかし、これではニキビが悪化すると思い、正しい洗顔方法をやってみたところ、赤ニキビや黄色ニキビといった血が出てくるようなニキビができにくくなったんです。

 

その洗顔方法は毎日1回の洗顔でよく泡立てて洗う事です。

 

洗顔料はよく泡立ててから肌に付けないと、すすいでも毛穴に洗顔料が残ってしまう事があります。洗顔料が残ってしまうとニキビの原因にもなってしまうので、私は泡立てネットでよく泡を作ってから洗うようにしました。

洗顔料で洗うというより、泡で洗う感覚です。

泡立てネットを使うときめ細かな泡になるので、毛穴の奥の汚れも取れる感じがします。

 

そして洗顔時間も今までは数十秒でしたが、念入りに洗うようにしました。

洗顔って洗っているつもりでもTゾーンや鼻周りなど洗えていない事がほとんどなのです。

 

私が念入りに洗うようになってから「よく考えたら鼻の際が洗えていなかったかも」と気づくこともあったのです。

 

そこで、洗顔中は約1分程度洗うように変えたところ肌質も変わってニキビもできにくくなったのです。もちろんゴシゴシ洗ってもいけません。優しくなでるように約1分洗います。

 

すると1回だけの洗顔なのにスッキリした感じになります。

 

洗顔だけでも肌が整った感じになります。

 

特にニキビがひどい方は特に化粧水と保湿液を念入りに使うようにしてください。化粧水や保湿液は洗顔後の水分が逃げている肌に水分補給を行ってくれます。

たくさんの水分補給することでしっかり保湿され、乾燥しにくい肌となるのでニキビが作られにくくなってきます。

私は、フルコートや洗顔方法を変えただけでも血が出てくるようなニキビが減りました。出血してしまうようなニキビに悩んでいる方は、是非参考にしてみてくださいね。

合わせて読みたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP